政治

小泉進次郎に八代弁護士が辛口コメント!的を得ていて面白い!

投稿日:

いつもひるおびを楽しみにしているワタシ。

そして、八代弁護士のコメントが辛口で的を得ているからそこがまた面白い。
なかなかはっきりとセクシーにコメントする方っていないんじゃないかしら(笑)

この流れからして、誰の話題かわかると思いますが。
八代弁護士が本日のひるおびでクールでセクシーに決めてくれました(笑)


スポンサーリンク

八代英輝弁護士プロフ


出典元:extention.jp

1964年7月8日生まれ。

1988年慶応義塾大学法学部を卒業後、司法試験に合格。2年間の最高裁判所での研修の後、裁判官に任官。札幌地方裁判所刑事部、大阪地方裁判所、大阪家庭裁判所を歴任。

1997年に裁判官を退官し、東京弁護士会に弁護士登録。以後、国際取引法、知的財産権法および会社関係法の案件を多く手がける。

2001年、米国コロンビア大学ロースクールに留学し修士課程修了後、米国司法試験(ニューヨーク州)に合格。全米法律家協会、ニューヨーク州弁護士会各知的財産権部に所属し、ウォール・ストリートで170年以上の歴史をもつHughes Hubbard & Reed 法律事務所に勤務。同事務所日本オフィスの責任者の一人として、日本と米国間を往復。

2005年秋より本拠地を東京に移し同事務所より独立、「八代国際法律事務所」開設。ニューヨークでの人脈を活かし、複数の現地法律事務所と業務提携を結び、主に国際的な知的財産権ビジネスに携わる。

また、コンテンツビジネスに欠かせない著作権法や知的財産権法に精通した数少ない弁護士として、各方面で活躍し、大学院での教鞭もとる。(~2009.3 東京大学大学院特任講師 2009.4~2010.3 関西学院大学商学部客員教授)

裁判官在任中の著名事件として、道庁職員夫婦殺害事件(死刑求刑、判決無期)、ウエシマ・リゾート汚職事件(一部無罪)等。配属中、医療過誤事件を中心に知的財産権関連訴訟等また家庭裁判所では少年事件審判を担当。

最近では、消費者問題をテーマにした講演も数多くこなす。
引用元:extention.jp

ひるおびでのセクシーコメント

皆さんもご存知だと思いますが、小泉進次郎環境相のセクシー発言で叩かれまくってますよね。

『気候変動のような大きな問題は楽しく、クールで、セクシーに取り組むべきだ』
『説明すること自体セクシーじゃない』

なにを行っても悲しい結末しか待ってないのですよ。

今回のひるおびでも小泉進次郎環境相の話題で盛り上がっておりましたね。

化石燃料脱却について質問されて、詰まった後に『先週環境大臣になったばかり。同僚や省内の職員と話し合っている。』などと言っていたそうです。

これに八代弁護士は、クールに決めてくれました!

セクシーって言い切った後に浮かんできたプランが全部セクシーじゃなかったんだと思いますよ

はい!その通りでございますね(笑)
ワタシ笑ってしまいました。


スポンサーリンク

辛口コメント集


このコメントの他にも八代弁護士はたくさん辛口コメントをしています。
ド正論すぎて、笑うしかないことが多いですね。
韓国との問題でもスパッと言い切りましたしね。

いやー、これってこんなにテレビとかで言っちゃても大丈夫なの?心配になるくらい言ってますよね。
恵さんが、凍りつく時もあるとか。

まとめ

最近のひるおびは、ちょっと見ていて面白いですよ。

一番は、八代弁護士はなんて言うのかしら目線で見てるけど。
でも真面目に見てないから知らないことも多いんだよね。

ご飯作りながらとか食べながらしか見てないから。
こんなに辛口コメントしてるなら、真面目に見てみようかと思ってしまうワタシ。

そーいや八代弁護士って、昔はもっとエラソーだったけど最近は昔ほどえらそくないよね。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です